真言宗の葬儀や戒名を相談

おすすめ

真言宗の檀家さんへ

家が真言宗というのは分かっているのですが、あとは、どうしたらいいのか?お布施や費用はいくらなのか?全くわかりません。そんな時に、こちらの分からないことを熱心に聴いて丁寧に案内してもらった僧侶派遣サービスで相談して戒名を授けたもらったらトラブルなく解決できました。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

真言宗のお寺の檀家になっています

"夫の実家の仏教宗派は真言宗豊山派です。 総本山は奈良県桜井市の長谷寺だそうです。 真言宗は平安時代初期の弘法大師空海が開いた、当時中国で大成された密教の一宗派です。 しかし普段の生活の中には、宗教性のあるしきたりは、多くありません。 お寺に関係する年間行事としてまず思い浮かぶのは、お盆の時に、お寺で「お施餓鬼」が行われ、卒塔婆を頂いて来ることです。 家長である舅が毎年行っているので、具体的な内容 >>真言宗のお寺の檀家になっていますの詳細を確認する

若年層に受ける精進料理

"ある地方都市で、その地域では有名と言われている精進料理店へ行き、コース料理を食べました。料亭は山の中のお寺に付属して立てられている和風旅館風の建物で、雰囲気のとても良い所でした。内容は一般的で湯葉の野菜巻や麩のお吸い物、季節の野菜の煮物や天婦羅などをいただいたのですが、どの料理も美味しかったです。ただ感想として、「あっさりしすぎている」というのが正直なところでした。私は20代女性なのですが、例え >>若年層に受ける精進料理の詳細を確認する

おくりびとを鑑賞して

"2008年に公開された『おくりびと』という作品は第81回アカデミー外国映画賞、日本アカデミー賞の 最優秀作品賞を受賞し、興行収入も80億円を突破し、物議を醸した。納棺師をテーマとした、滝田 洋二郎監督のこの作品は世界的にも話題となった。ストーリーは所属していたオーケストラが 解散となり、失業したチェロ奏者本木雅弘演じる小林大悟が、ふとしたきっかけで故郷の山形県酒田市で冠婚葬祭の仕事の募集広告を見 >>おくりびとを鑑賞しての詳細を確認する

映画『おくりびと』を見たことで葬儀のイメージが変わった

"映画『おくりびと』は海外や日本で色んな賞を取り、大きな話題になった映画ですが、私は大きく話題になっていた時期より少し遅れて、関内の映画館でひとりで観ました。 それまでに経験したことのある葬儀というと、祖父母などの身内のものであったり、仕事関係の人の家族の葬儀の時には亡くなった方と面識のないものだったり。回数も決して多くありません。 経験回数は多くないけれど、共通して葬儀に感じていた印象が「暗い」 >>映画『おくりびと』を見たことで葬儀のイメージが変わったの詳細を確認する

おくりびとを観て

"数年前に、映画『おくりびと』を観ました。 当時、父が亡くなり、祖父が亡くなり、家族の中で亡くなる人が続いた時期で、死について考えさせられることが多かった時期でした。そんな時に、この映画が話題になっており、気になったので観てみました。 全体の感想としては、死という重いテーマであるにも関わらず、重く描きすぎておらず、だからと言って軽く描いてもおらず、 そのバランスが良いなと思いました。 納棺師という >>おくりびとを観ての詳細を確認する

やはり生前、親切にしてくれたことを思い出します

"これまでお通夜、お葬式には何度も出席してきました。 祖父母、親戚同様に付き合いのあった知り合い、学校の先生 仲の良かったご近所さんなど、子供の頃から数えると本当にたくさんの方とお別れしました。 祖父母のお通夜、お葬式のときは、やはり子供の頃いろんな所へ連れて行ってもらった思い出や わがままを言って困らせたこと、晩年の病床の姿など、思い出せば今でも涙が出ます。 不思議なことに亡くなる前というのは、 >>やはり生前、親切にしてくれたことを思い出しますの詳細を確認する

「本当にあなたを誇りに思う」と言ってくれたおばあちゃん

大好きなおばあちゃんが亡くなりました。私が辛い時いつもそばで励ましてくれたおばあちゃん。大人になって慣れない都会の生活で、厳しい人間社会にもまれて心身共にボロボロになっても、おばあちゃんに会うときはいつまでも幼い私のままで、いつも子供のように甘えていました。その彼女の体調が悪くなり入院してから、私の仕事も忙しくなりお見舞いに行くこともなかなかできずにいたそんな冬の夜、「もう危ないかもしれない」との >>「本当にあなたを誇りに思う」と言ってくれたおばあちゃんの詳細を確認する

義父の穏やかな顔

"今年の春に義父が亡くなりました。 昨年の夏に突然肺炎を起こし入院してから半年ちょっとで逝ってしまいました。 生前は口が悪くて、何かにつけて文句が絶えない義父でした。 白いものを白と言わない性格の義父。 孫が国立大学に合格したときにも「おめでとう」とは言わずに、「あの大学もレベルが下がったな」と 皮肉をいっていた義父。 そんな義父が私は大嫌いでした。 そんなことは口に出しては言えず、態度に出せずに >>義父の穏やかな顔の詳細を確認する

特別な出来事よりも日常の風景の思い出

"私は現在、実家を離れて暮らしています。年に数回、実家を訪れた際には仏壇にお線香をあげ、飾ってある写真を見ながら「ただいま」と言い、暫し個人の思い出にふけります。 仏壇には、祖父母と父の写真が有ります。私がそれらを見ながら思い出すのは、晩年の日常の風景です。 祖父は気性の荒い人でした。基本的には真面目で寡黙な人だったのですが、怒る時は火のように怒りました。子供の頃は、怒るタイミングが分からず、怖か >>特別な出来事よりも日常の風景の思い出の詳細を確認する

遺影を見ると、いつも心の中で、語りかけます

"親父が死んで3年になります。亡くなる寸前、どうしても仕事で抜け出せなくて、死に目に遭うことができませんでした。3年も経ちますが、今でも悔いています。どうして仕事など投げ出して駆けつけられなかったのかと、後ろめたい気持ちで一杯です。心の拠りどころは、亡くなる2週間前に、見舞いに行って元気そうだった顔を見ることができたことです。それが容態が急変するとはとても信じることができなかったのですが、事実でし >>遺影を見ると、いつも心の中で、語りかけますの詳細を確認する

最新のエントリー一覧

若年層に受ける精進料理
"ある地方都市で、その地域では有名と言われている精進料理店へ行き、コース料理を食...

映画『おくりびと』を見たことで葬儀のイメージが変わった
"映画『おくりびと』は海外や日本で色んな賞を取り、大きな話題になった映画ですが、...

おくりびとを観て
"数年前に、映画『おくりびと』を観ました。 当時、父が亡くなり、祖父が亡くなり、...